ミネラルオイルって肌に良いの?悪いの?

先日化粧品の勉強会した時にミネラルオイルについての話があり、ミネラルオイルについて詳しく説明出来なかったので調べてみました。

ミネラルオイル

って名前だけ聞くとミネラルってなんか体に良さそうな気しません?(^^;)
飲み物などで聞き慣れてるせいか僕はそんな気がしてしまうのですが。
しかしミネラルオイルのミネラルはそういうものではないです。
まずミネラルオイルが何から作られているかというと石油です。鉱物油と呼ばれています。

石油製品って体に悪い気がしますよね?
でも病院で使われるワセリンやベビーオイルも鉱物油なんです。

調べてみると良い点、悪い点があることがわかります。

まずは良い点から
・皮脂とは全く異なる化学構成なので肌への浸透がない為、肌の表面に膜を作り、外部刺激から皮膚を守る事が目的であれば最も安全性の高い油と言える

悪い点
・肌を保護する効果に優れているが保護をし過ぎて毛穴が詰まり肌トラブルが発生する事がある

・油分の強さが植物油より強い為なかなか落としづらい

ミネラルオイルは乾燥肌の方が使うと自分の皮脂の分泌が弱くなりさらに乾燥する事もあるようです。

調べるともっと色々出てくるのですが僕は成分信者ではないのでさらっとね。
要は何でも物は使いようという事です。
僕らがよく使うシャンプーやワックスも合う合わないの用途があります。必ずしも高い物が良い場合ばかりでもないですしね。

本来美容室でしか売ってはいけないサロン専売品をネットで買われて結局合わないパターンを多く聞きます。
自分に合わないものを使うとヘアスタイルもうまくいきません。
お化粧も同じですよね。
イメージで選ぶのではなくきちんと合う合わないを見極めて使えると良いなと思います。

友だち追加

ご予約はこちらから06-6967-5599



2017.8.7

BLOG MEMBER

スタイリスト/
サロンオーナー
井藤 圭一

スタイリスト/
玉置 千愛

アシスタント/
槇田 尚真

CATEGORY

  • 日常
  • 美容
  • インフォメーション

ARCHIVE

  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00