お客様に聞かれた、市販の白髪染めとお店の白髪染めの違い

どーも昨日の夜ヤングドーナツ食べ過ぎて朝気持ち悪くなった井藤です。

今日来られたお客様からこんな質問があったので答えてみました。

市販の白髪染めの方が明るく染まりません?

はい、これ美容師の僕も思います。
市販の白髪染めもちゃんと染まるんですよね。
それも明るくてもしっかりと(⌒-⌒; )
じゃあ高いお金出して美容室で染める必要なくない?
そう感じる方もいてもおかしくないし、美容室で染めたいけど明るい白髪染めが出来ないから自分で染めてるって人もいます。

まず、美容室で明るい白髪染めが出来るのか⁉︎
Onceは出来ます!
明るい白髪染めしたい方は放出OnceへGOです‼︎(笑)
ただし、その方の今の髪の状態にもよるのでいきなりサラッと出来るわけではないですが。

何故市販の白髪染めは明るく染められるか、それは薬剤のパワーに寄るところが大きいかと思います。
市販の白髪染めと美容室の白髪染めを比べるとやはり髪や頭皮へのダメージが違います。

何でそんな事分かるの?
それは市販の白髪染めの薬も美容室の白髪染めの薬も同じ会社が作っているから(全メーカーではないです)。データがあるのです。
僕が聞いた話では美容室で染めるより市販の白髪染めは4倍傷むと聞きました(これもメーカーによるとは思います)。
僕らはお客様の髪や頭皮へのダメージを第1に考えますから出来るだけ配慮します。でも理想にならないと意味ないですよね。それもあるのでOnceではちゃんと考えて薬剤を調合し、明るく白髪染めを実現しています。

今日来られた方は2回に分けて明るい白髪染めにする事になり今日は1回目で来月もう一度染めたら完成です。
そのあとは普通に毎月染めるだけです。
もし明るくしたいのに出来なくて悩んでいる方は一度ご相談ください。ご期待に添えられるよう頑張らせて頂きますよ。

最初に美容室で染める必要なくね?と言いましたが、市販のカラーと美容室のカラーの違い、薬剤の違いはありますが、やはり技術。これしかないです。薬剤の塗り分け、季節によってのカラーの提案、頭皮の刺激の軽減、髪の状態の把握、自分で染めれば1000円かも知れません、でも僕らは7000円近い金額を頂いています。その価値を感じていただける様日々勉強し取り組んでいます。
新しい薬剤が出れば試し、ダメージが少なくなるというものがあれば試し、日々進化しています。
これからもOnceはお客様となが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いお付き合い京都銀行が出来る様に頑張りますので宜しくお願いします♪

友だち追加

ご予約はこちらから06-6967-5599



2017.9.14

BLOG MEMBER

スタイリスト/
サロンオーナー
井藤 圭一

スタイリスト/
玉置 千愛

アシスタント/
槇田 尚真

CATEGORY

  • 日常
  • 美容
  • インフォメーション

ARCHIVE

  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00
  • 2017/00